太陽光発電は本当にお得なの?

banner 現在環境問題が騒がれている中で、クリーンなエネルギーを一般家庭でも企業でも使用することができる太陽光発電が大きな注目を集めています。
太陽光発電が得なのか損なのかと言えば、環境問題を考えた時には設置する費用に関係なくお得であると言えます。さらに太陽光発電を今よりも光熱費を下げるために利用している人も多いのですが、しかし全ての人に太陽光発電がお得ということにはならないのです。それは、たとえば1人暮らしの人が自宅に太陽光発電装置を付けた時には、普段から電気代をそれほど使用していなければ当然太陽光発電装置にかかった費用を回収できる可能性が低くなり、もし費用が200万円かかった場合には、確実に取り付けない方が良かったということになります。
しかしほとんどの場合は1人暮らしで太陽光発電装置を付ける人はいなくて、大抵は家族で使用することになります。たとえば平均的な家庭で太陽光発電装置を利用した時に初期費用が200万円かかったとして、15年ローンで返済する時に月々の支払いが利息を入れて15000円として、余った電気代を売ることも計算して、それに加えて太陽光発電装置はどんどん値下がりしていく傾向にあり、さらに太陽光発電は40年も50年も使用することができることを考えると、やはり太陽光発電はお得であると言えるのではないでしょうか?特に電気使用量が多い企業に関しては太陽光発電はトータル的に完全にお得であると言えるのです。

注目コンテンツ

ソーラーパネルってどうして値段が高いの?

記事をみる

安いソーラーパネルでも大丈夫なの?

記事をみる

ソーラーパネルには1日あたりどれくらのお金がかかるの?

記事をみる

Copyright(c) 太陽光発電/ソーラーパネルってどうなの?. All Rights Reserved.